少し意識を変えればあなたの2割増し美人~自分らしさをアップデートしていますか?~

.

SNS で自由に発信できる時代。

自分らしさとは、なんだろう?と考える機会が多くなってきているのではないでしょうか?

そもそも「自分らしく」とは何だろう?

もうそこらじゅうで「自分らしく生きよう」というキャッチコピーが溢れています。

自分らしさとは、

人と違った個性を持つこと?

ワクワクしている時の自分が自分らしい?

周りがこういうから、それが自分らしさ?

しかし、この

「自分らしさ」にこだわりすぎると、

今、そして未来に欲しいものを手に入れることができなくなってしまいます。

 

何故ならば、

 

時代も変化しているし、自分自身の物理的、生物学的、精神的にも成長していくから

です。

頑固に自分らしいと思っている事にしがみついていたり、周りに「あなたらしい」と言われることに暗示をかけられ鵜呑みにしないことです。

 

あなたも時代も変わっています。

自分らしさもアップデートしていますか?

自分らしさってなに?

自分らしさとは?

自分らしさとは、

1、好きな事、やりたい事をやっている自分

2、得意な事、努力をしなくても簡単にできる事をしている自分

3、自分の価値観、大切にしている事

の3つのかけ合わせ、だとよく言われていますね。

好きなことをやってみたり、得意なことがあったり、自分の信念を貫いてみたりして、

行動した結果が自分らしさ。

その繰り返しで自分の「らしさ」ができていくのです。

だから、「自分らしさ」の答えはないのです。

自分も周りもイメージとして、認識しているだけなのです。

自分らしさに固執しない

「自分の思う自分らしさ」と「周りの思う自分らしさ」はズレがある

しかし、

自分の思う「自分らしさ」と、周りの人が感じる「自分のらしさ」は=(イコール)ではない

ことがありますよね。

傷つきたくないから自分をオープンにしないで、周りに合わせている人の本当のその人らしさは周りにわからないし、自分と他人の認識の相違もあるし、成長の速さも人によリ違うので、「自分らしい」の認識は、自分と周りでずれていることがあります。

先日も、

「私、スタジオを辞めようと思っているの。この時代、スペースを持って仕事しなくても、PC 1台で仕事することも可能だから。」と友人に相談したら、

「え~、スタジオやっているのが片桐さんらしい」

そう言われて、

「そうだよね、やっぱり自分らしいのは今やっていること」

と一瞬ひるみました。

 

「~らしい」という言葉に人は弱いです。

らしいという言葉が自分のアイデンティティのように思うからです。

しかし、その友人が言っている「片桐さんらしさ」って、いつの「私らしさ」なんだろう?

友人は、私マニアでもないので、何でも知っているわけではありません。

人の思うことや、自分の環境や状況、自分の家族の状況、年齢や体も変わって行きます。

社会や世の中の流れも激変しています。

なので当然、

「自分らしさ」もアップデートしていかないと、この激変の時代に取り残されていきます。

一歩踏み出したければ、「自分らしい」という呪縛から離れてみる

 

新しいことをすると思った時に、今までの自分らしさや信念やイメージにこだわっていると、前に進むことができません。

私らしくないから、これはやりません。

と言ってやらないのは、チャンスを逃します。

シンギュラリティでAIの発達が加速し激変する世の中で、生きていく価値観がものすごい勢いで

変わっています。

これからの社会での自分を最適化していくには、

この時代の変化の中で、

自分がワクワクする事や楽しめることを見つけ、実際に行動に移すこと

で、常に

自分らしさをアップデート

していく必要があります。

 

まとめ

今までの自分らしさを軸に物事の選択にこだわらないで、

自分の本心と向き合って、できるかな?できないかな?という軸でセレクトしていで

やってみたいこと、欲しい物に向かって、実際にやっていくことで

新しい自分らしさに会えます。

今の(古い)「自分らしさ」にこだわり過ぎないでいいのです。

 

 

変わりたいあなたへ

メイクアップとマインドセットで新しい自分らしさを見つけよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です